忍者ブログ
あなたの心が世界を動かしている! そうやったん?北九州は現在休止中です!・・・が、ブログだけは趣味でやってます!
[15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日そうやったんと検討会へいってきた1人の北Qといいます。

今回の検討会でとても興味深かった言葉が、『管理型最終処分場』、『遮断型最終処分場』という言葉でした。

内容については以下の通りです。
http://junkan.okix.jp/gomi/pdf/as26-27.pdf

よくわかりませんが、遮断型最終処理場にした場合にしても、
 

上の土地は使用できないのでしょうか?

屋根をつけていましたが管理がずっといるのでしょうか?

使用するコンクリートは必ず浸水しないといいきれるのでしょうか?
 

今回は管理型処分場だそうです。何故そうなのかは6月15日の市政だよりに載ると思います。
そう言われていたので。
また、司会の方に質疑応答をしていたのは市議会議員の方がほとんどでしたが他の方々はほとんど発言がなかったのが残念です。
2名欠席の方もいましたが、市民の中から選ばれた各専門の皆様から話を聞きたかったです。

 

 

野田首相:震災がれきで防災林整備 今年度中に着手

野田佳彦首相は23日のTBS番組「ニュース23クロス」収録で、東日本大震災で発生したがれきを再利用し、青森県から千葉県までの東日本の太平洋側海岸線約140キロにわたり防災林20件を整備する方針を表明した。今年度中に50キロ分の事業に着手する。首相は「防災林の盛り土にがれきを使う。再利用も含めてがれき処理が進むように努力する」と述べ、がれき処理の促進と今後の津波対策の両面で効果が期待できることを強調した。

 防災林20件構想は3月のがれき処理に関する関係閣僚会合で示され、政府内で具体化を進めていた。震災と津波で出たコンクリート片や堆積(たいせき)物、瓦などのがれきを分別し、放射線量や有害物質の安全性が確認されたものを活用する。海沿いに高さ3〜10メートルの盛り土を行って防潮堤の役割を持たせるとともに、その内陸側にも幅50〜200メートルの盛り土をして防災林20件を整備。海寄りは潮風に耐性があるマツなど、内陸寄りはカシワやタブノキなど各地域の自生種を植栽する。
http://mainichi.jp/select/news/20120424k0000m010061000c.html

こちらの方もどのようになっているのか・・・。
現在、どちらの地方でも不景気だとは思いますが、東北の人たちの雇用状態が気になります。現地の企業の状態、海や農業がどのくらい回復しているのか。

絆という言葉や、地域保健医療などはよくTVでも目にみましたが、そこにいる子供たちの動き、人々の生活の建て直しがどこまですすんできているのでしょうか?


 


 

 

PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]

Template by MY HEALING ☆彡